網膜静脈閉塞症

網膜静脈閉塞症とは

血圧の高い高齢者に起こりやすく、網膜にある静脈の血管が詰まって血液が流れなくなる病気です。
眼底出血を起こす代表的な原因の1つでもあります。

静脈は、網膜では全体に枝分かれするように広がっています。
それらが眼球の後ろにある視神経乳頭に集まって1本となるのですが、枝の部分が閉塞した場合を「網膜静脈分枝閉塞症」、乳頭部にある根元が閉塞した場合を「網膜中心静脈閉塞症」と呼びます。

静脈が詰まると、そこまで流れてきた血液の行き場がなくなるため、血液が血管からあふれ出して眼底出血や網膜浮腫(網膜が腫れる)を引き起こします。
眼底出血が起こると、その部分の視野が欠けてしまいますし、網膜浮腫では視力が低下します。
特に網膜のほぼ中央にある「黄斑」で出血や浮腫が起こると、視力は極端に低下してしまいます。

網膜静脈閉塞症のタイプ

網膜静脈分枝閉塞症

網膜静脈分枝閉塞症のうち、8割以上がこの「分枝」での閉塞症です。

網膜は大変うすい組織であるため、動脈と静脈が交叉しているところで動脈硬化が起きると、静脈も影響を受けて血管が狭くなったり流れがよどんだりしてしまい、血栓が形成されます。
網膜静脈分枝閉塞症の多くはこの動脈・静脈の交叉部分に血栓ができ、血流が遮られることで起こります。
行き場を失った血液はあふれて出血や浮腫を引き起こし、出血した部分は網膜まで光が届かなくなりますので、その部分の視野がさえぎられてしまいます。

出血自体は時間をかけて引いていきますが、その後どの程度まで視力が回復するかは、黄斑への障害がどのくらいであったかによります。
一般に閉塞した部位が乳頭に近いほど障害も重くなり、逆に末端静脈からの出血で範囲も限られていれば発症そのものに気付かないこともあります。

網膜中心静脈閉塞症

分枝閉塞症と異なり、静脈の根元が閉塞してしまうのがこの網膜中心静脈閉塞症です。

根元が詰まるために、影響は網膜全体に及びます。
黄斑を含め眼底一面に出血と浮腫がおこり、視力はかなり大きな障害を受けます。

以下の方はこの疾患のリスクが高いといえます

  • 50歳以上の年配の方
  • 高血圧による動脈硬化を起こしている方
  • 血管自体に炎症のある方
  • 糖尿病などにより、血液の粘性が増している方

レーザー治療の目的

急性期

網膜出血や網膜浮腫の早期消失をめざし、レーザー光凝固術を用います。

急性期の治療で重要なことは、閉塞してからできるだけ早く治療を開始することです。
閉塞は片眼に発症することが多く、普段は両眼で見ているために気付かないこともよくあります。
しかし治療開始が遅れると視力が回復しにくく、合併症のリスクも高くなってしまいます。
治療ではレーザー治療だけでなく、閉塞した血管の血流を再開させるため、血栓溶解薬や網膜循環改善薬も点滴や内服を併用します。

さらに再発を防ぐため、血小板凝集抑制薬、抗凝固薬を用いることもあります。

慢性期

新生血管の発症をおさえ、合併症予防に力をそそぎます。

この時期には、新生血管が生まれそうな部分や改善していない浮腫を蛍光眼底造影検査で見つけ出し、早期に凝固することが大切です。

また閉塞を起こす原因となっている病気(主に高血圧)を治療することも重要です。
血流が途絶えているところはレーザー光凝固術によって新生血管の発生をおさえ、血流改善のため網膜循環改善薬を用います。
硝子体出血や網膜剥離が見られる場合は、手術を行う必要があります。

のう胞様黄斑浮腫に対しては、抗VEGFの硝子対注射を行います。

注意点

視力にとって最も大事な部分である黄斑部(網膜の中心部分)にすでに出血や浮腫がある場合、視力の予後は良好とはいえません。

またレーザー治療後に中心視力が回復した場合でも、「ものがゆがんで見える(変視症)」「暗い感じがする(網膜感度の低下)」といった症状が残ることもありますし、原因によってはしばしば再発することがあります。

そのようなことから、治療後も定期的な眼底検査が必ず必要となることをご了承ください。

ご予約・ご相談はお気軽に

白内障・緑内障の治療は、阿倍野区・北畠の吉田眼科へ

TEL:06-6622-2511
メールでのお問い合わせ
tel_bn_sp.png
メールでのお問い合わせ
オフィシャルサイト 吉田眼科ブログ
TEL:06-6622-2511 メールでのお問い合わせ