糖尿病網膜症

糖尿病網膜症とは

近年、患者数が著しく増えている糖尿病ですが、この合併症は眼にあらわれることが多く、腎臓、神経と合わせて糖尿病の三大合併症とも呼ばれます。

糖尿病にかかった方の4割近くが、高い血糖値によって血管に負担を与えた結果、細かい血管が密集する網膜の機能が低下する網膜症にかかってしまうとされています。
網膜は外から感じる光や色を感知する役割がありますから、ここに機能不全が起こるとすぐに視力へと影響してしまうのです。

こうした事実を放置した結果、毎年多くの方が糖尿病に起因する合併症によって失明しているという悲しい現実があります。
しかし糖尿病と判明した早期から定期的な検査を受け、適切な治療を行っていれば確実に失明を防ぐことができます。

網膜症の原因とタイプと治療法

糖尿病と同じく、網膜症もかなり悪化してしまうまで自覚症状のない病気です。
そのため放置していると突然「目の前が真っ暗になった」「見えなくなった」と駆け込んでこられる患者さまも少なくありません。
糖尿病と判明しているにもかかわらず、「自覚症状がないから大丈夫」と思っているようでは、確実に合併症を悪化させてしまいます。

糖尿病と診断された方は、必ず定期的な検査を受けてください。
そうすることで、糖尿病による失明は確実に防ぐことができます。

単純網膜症

網膜症としては初期段階にあたります。

毛細血管瘤(血管の一部がこぶのように腫れる)や、点状・斑状出血(血管から血液が染み出している)、硬性白斑(血管から血漿成分が染み出して作られる)といった障害があらわれ始めます。
自覚できる症状はまだありません。

治療としては2カ月~6カ月ごとに精密眼底検査・蛍光眼底検査を行い、血糖コントロール改善薬や網膜循環改善薬などを服用して症状の悪化を防ぎます。

<正常な網膜>

<初期の網膜症>

増殖前網膜症

血管が詰まって流れなくなったことにより、網膜の一部で「虚血部分」が生じた段階をさします。

軟性白斑(血流が悪くなった細胞が変化して作られる)、血管閉塞、静脈異常(静脈が腫れ上がったもの)、網膜浮腫(血漿成分がたまって網膜が腫れる)などが起こります。

この段階でも自覚症状が少なく、黄斑部に浮腫ができた場合のみ視力の大幅な低下が見られます。

治療としては1~2カ月ごとに精密検査を行い、血糖コントロール改善薬などの服用を続けます。
さらに虚血となった網膜を局所凝固させ、悪化を防ぎます。
また黄斑浮腫に対しては抗VEGF薬の硝子体注射などを行います。

<正常な網膜>

<少し進んだ網膜症>

増殖網膜症

網膜にできた虚血部分や硝子体に新生血管が伸び、その刺激によって増殖膜が形成されてきた段階をいいます。

これは、なんとか酸素や血管を送り込もうとする反応なのですが、もろい新生血管が破れて出血すると、視力を著しく低下させるだけでなく網膜剥離のリスクも高まります。

視力の低下や飛蚊症が見られますが、自覚症状がまだないこともあります。
ただし、硝子体出血や網膜剥離が起これば、はっきり症状が出てきます。

治療としては2週間~1カ月ごとの精密検査のほか、必要に応じて蛍光眼底検査や超音波検査も行います。
黄斑部をのぞいた網膜全体へのレーザー治療を行いますが、硝子体出血や網膜剥離が起きている場合は手術による回復をめざします。

<正常な網膜>

<かなり進んだ網膜症>

増殖停止網膜症

上記の治療によって増殖が止まり安定した段階です。

新生血管や増殖膜の活動は停止していますが、再発の可能性がありますので油断は禁物です。
2カ月~6カ月ごとの定期検査と内服薬の服用を欠かさず行いましょう。

のう胞様黄斑浮腫に対しては、抗VEGFの硝子対注射を行います。

糖尿病網膜症のレーザー治療

網膜症が悪化すると硝子体出血、網膜剥離、緑内障といった合併症を引き起こすリスクが高まります。
そこでそれを防ぐため網膜症の沈静化、網膜症の進行抑制を目的に網膜にレーザーをあてる治療を行います。
ただし残念ながら、レーザー治療をすれば100%悪化しないというわけではありません。
ですから治療後も定期的な眼底検査が必要となります。

黄斑症の悪化、虚血性視神経症、硝子体出血、増殖型網膜症、緑内障などの合併症の場合は視力低下の可能性はあります。
また網膜症の進行状況によっては、レーザーの追加治療が必要となる場合もよくあります。

ご予約・ご相談はお気軽に

白内障・緑内障の治療は、阿倍野区・北畠の吉田眼科へ

TEL:06-6622-2511
メールでのお問い合わせ
tel_bn_sp.png
メールでのお問い合わせ
オフィシャルサイト 吉田眼科ブログ
TEL:06-6622-2511 メールでのお問い合わせ