黄斑変性症

黄斑変性症とは?

黄斑変性症とは、ものがぼやけたり歪んだりして視界が狭くなってしまう病気です。

症状の進行とともに見えにくい範囲が広がり、徐々に視力も落ちていきます。
日本における失明の原因として最も多いのは糖尿病網膜症なのですが、最近は高齢化と比例して黄斑変性症による失明も急増しています。

60代以降に最も多く、それまで視力も問題なかったのに突然発症したという方も多い病気です。
また男性の発症率が女性よりはるかに高いのも特徴の1つです。

以下の症状があれば、黄斑変性症が疑われます

  • ゆがんで見える
  • 視力が低下している
  • 部分的に視野が狭くなる
  • 見ようとしている対象物が見えず、その周囲は正常に見える

簡単にできる自己チェック

時々片目をふさいで左右の目それぞれでものを見て、見え方におかしなところがないか確認しましょう。

黄斑変性症の原因とタイプ

黄斑変性症には「萎縮型(乾燥型)」と「滲出型(新生血管型)」の2種類がありますが、どちらも網膜の中心にある「黄斑」の機能低下によって発症します。

萎縮型の黄斑変性症

主な原因としては動脈硬化などが挙げられます。
血流が悪くなることで黄斑部が萎縮変性し、視力の低下を引き起こします。

滲出型の黄斑変性症

網膜の外側にある脈絡膜から網膜へと、新しく薄い血管(新生血管)が侵入して浸出液がたまったり出血を生じたりすることによって起こります。
新生血管は正常のものとは違い、すぐに破れてしまうため血が網膜へと漏れてしまい、浮腫や変性を起こして視力を低下させてしまいます。
出血を放置すると失明する危険性もあります。

黄斑変性症の治療

加齢にともなって眼も老化してしまうため、「これまで大きな病気をしたことがない」という方でも突然発症してしまうことがあるのが黄斑変性症です。

一般的な治療法としては、硝子体注射と光線力学療法によって新生血管を縮小させ、症状を改善させるのが一般的です。

つまり、「これ以上症状を進行させないようにする」「新たな新生血管を発生させない」「網膜細胞を強くする」「毛細血管の弾力を回復させる」といったことに注意しなければなりません。

これらは単に眼だけを治療するものではなく、発症予防に効果的な栄養素を摂るなど、日々の生活改善も合わせて行うことが重要です。

1. 注射療法

眼球の表面にある水晶体とその中にある網膜までの空間を満たしているのが、硝子体と呼ばれる器官です。
ここに抗VEGFという薬剤を注射します。

またトリアムシノロン製剤と呼ばれるステロイド(合成副腎皮質ホルモン)の注入も併用します。
トリアムシノロン注入は、網膜上に強い炎症や浮腫がある場合に、まずその症状をおさえて点眼薬や内服薬の効果を上げるためのものです。
ただし、一時的な眼圧上昇が見られることがあり、その場合は眼圧を下げる薬による処置を行いながらの治療となります。

2. 光線力学療法(レーザー療法)

硝子体注射では治りにくい場合に用います。
まず静脈注射で特殊な薬剤を注入し、新生血管の部位にレーザー光を当てて血管を詰まらせ、萎縮させることで症状の改善をめざします。
新生血管が萎縮すれば、症状はそれ以上悪化しなくなります。
レーザー光は弱いものを使いますので、網膜を傷つけるような心配はありません。

日光にあたらないよう数日暗室で過ごす必要があり、入院で治療します。

その他に「レーザー光凝固術」「脈絡膜新生血管抜去術」「黄斑移動術」といった治療法もありますが、最近はあまり行われていません。

ご予約・ご相談はお気軽に

白内障・緑内障の治療は、阿倍野区・北畠の吉田眼科へ

TEL:06-6622-2511
メールでのお問い合わせ
tel_bn_sp.png
メールでのお問い合わせ
オフィシャルサイト 吉田眼科ブログ
TEL:06-6622-2511 メールでのお問い合わせ